Chibaと四間飛車と将棋

詰将棋もあるよ

端を制するものは相振りを制す?目指せ!端攻めマスター・第ニ端解答

スポンサーリンク

本ページは、「端を制するものは相振りを制す?目指せ!端攻めマスター・第ニ端」の、解答ページになります。もし問題図をご覧にならずに直接このページに来てしまった場合は、こちらのページからご覧ください。それでは、準備はよろしいですか?

目次

【第1図は解答図】
http://shogipic.jp/v/Ke7.png

▲6八角

になります。相手が端歩を受けて来ないときは、▲7七桂〜▲8五桂と跳ねて端を狙うのが常套手段ですが、大抵の場合、▲7七桂と跳ねるには角が邪魔です。可能であれば、▲5六銀〜▲6六角〜▲7七桂と跳ねたいところですが・・・本局面だと、▲6六角と上がるのは少し無理筋です。どうせこのままでは角も桂も使えないので、最終手段となるのが本手筋、▲6八角と引いてからの▲7七桂になります。

【第2図】
第1図からの指し手:△3三桂▲7七桂
http://shogipic.jp/v/Ke8.png

こうして▲7七桂に跳ねてから、元々の狙いの端攻めを決行します。

【結果図】
第2図からの指し手:▲9四歩△同歩▲9三歩
http://shogipic.jp/v/Ke9.png

ここで△同香とくれば、▲8五桂と跳ねて香取りが確実ですね。

おわりに

いかがだったでしょうか。結果図から△同香とか△同桂ならなんとなく攻め手の想像がつくかと思いますが、意外とこうこられると、どう攻めたものか迷いませんか?

【次回問題予定図】
結果図からの指し手:△9三同玉
http://shogipic.jp/v/KeA.png

受けの勝負手、玉受けです。▲8五桂と跳ねても△8ニ玉と逃げられますし、そこで再び▲9三歩と打とうにも歩切れです。果たして、継続の攻めはあるのか・・・?次回は、ここからの継続手について、問題にしてみたいと思います。お楽しみに!

一覧に戻る場合は、こちら

参考書籍一覧

相振り飛車を指しこなす本〈2〉 (最強将棋21)

相振り飛車を指しこなす本〈2〉 (最強将棋21)

スポンサーリンク