Chibaと四間飛車と将棋

詰将棋もあるよ

初心者が角交換四間飛車でハム将棋に勝つ方法・逆棒銀編

スポンサーリンク

本エントリーでは、将棋の戦法の一つである角交換四間飛車について、代表的な攻め方である「逆棒銀」で攻める方法を、ご紹介します。

初心者が角交換四間飛車でハム将棋に勝つ方法というエントリーに対するサブエントリーの、第二回目になります。

はじめに

前回のエントリーでは、代表的な初心者用将棋ソフト・ハム将棋を相手取り、角交換四間飛車における角交換〜美濃囲いまでの基本的な駒組みを、ご紹介させていただきました。

本エントリーではいよいよ、「逆棒銀」と呼ばれる戦法を使って、角交換四間飛車の魅力である「攻める四間飛車」の基礎を、ご紹介させていただきたいと思います。

前回同様、先手はハム将棋なのですが、表記上、自分が下・ハム将棋が上になっています。ご了承ください。

前回の結果図〜向かい飛車まで

【第1図は前回の結果図まで】
http://shogipic.jp/v/GXr.png

ここまでの手順については、前回のエントリーをご確認ください。

【第2図は▲8八飛まで】
▲8八飛
http://shogipic.jp/v/Gbc.png

こちらのエントリーにて、「四間飛車とは、一旦6筋に振った飛車を、再度どこかに振り直す戦法だとご紹介させていただきましたが、

角交換四間飛車では、いきなり8筋に振ります

八筋に飛車を置く場合は、「二間飛車」とは言わずに、「向かい飛車」と言います。「じゃあなんのために6筋に振ったんだよ。直接8筋に振ればいいだろ、1手損じゃなイカ。」なんて声も聞こえてきそうですが、こういうときのためです。

【参考図は△4五角まで】
http://shogipic.jp/v/Gbe.png

直接飛車を八筋に振ってしまうと、△4五角が厳しくなるケースがあります。これを防ぐために、6筋(四間飛車の位置)に、一旦飛車をワンストップさせるのが、角交換「四間飛車」のコンセプトになります*1

向かい飛車〜逆棒銀まで

【第3図は▲8六歩まで】
△7四歩▲8六歩
http://shogipic.jp/v/Gbh.png

ハム将棋は高確率で、棒銀を仕掛けるために、△7四歩と突いてきます*2。それに対して角交換四間飛車側は、▲8六歩と、八筋から逆襲を開始します。

【第4図は▲8六同銀まで】
△8六同歩▲8六同銀
http://shogipic.jp/v/Gbj.png

ハム将棋はこれまた、歩がぶつかると高確率で歩を取ってくれます。滅多に放置しません。それに対して▲8六同銀と、いよいよ角交換四間飛車側も攻勢開始です。

【結果図は▲8五銀まで】
△7三銀▲8五銀
http://shogipic.jp/v/Gbn.png

ハム将棋が△7三銀と、棒銀にこようとするのに対し、角交換四間飛車側は気にせず▲8五銀と出ます。

一見困ったように見えますよね?

お互い、これ以上銀を進めれば、相手の銀に取られます。すると、飛車の利きがあるので、銀を取られた方は、取り返すことが出来ません。しかし、

我に策あり!

ここで、角交換四間飛車ならではの、突破口の切り開き方があります。その策とは・・・

おわりに

本エントリーの内容は、ここまでになります。果たして、どうやってここから突破口を切り開くのか?次回のエントリーを、お楽しみに!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

目次に戻る場合は、こちら

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

*1:ただ最近では、直接8筋に飛車を振る手順も開発されているそうで、「ダイレクト向かい飛車」なんて呼び方がされています。

*2:本来、△7四歩と突かれると基本的に逆棒銀は決まりませんが、ハム将棋の場合は大抵決まります。雰囲気体験ということで、お目こぼしいただければ・・・