Chibaと四間飛車と将棋

詰将棋もあるよ

角交換型急戦〜△7三桂〜▲8六歩のその後⑥

スポンサーリンク

本エントリーでは、対四間飛車用急戦である角交換型急戦の有力な変化の一つである、△7三桂型基本形〜▲8六歩の変化に対し、定跡の結果図の後を実際に最後まで指してみた結果の、1人感想戦パート2になります。

角交換型急戦〜△7三桂〜▲8六歩のその後というテーマを扱ったサブエントリーの、第六回目になります。

おさらい

定跡のおさらい

【第1図は定跡の結果図まで】
http://shogipic.jp/v/GEf.png

ここまでの手順については、こちらのエントリーをご確認ください。

前回のおさらい

【第2図は▲4五桂まで】
http://shogipic.jp/v/GNa.png


前回は、定跡の結果図からの指し手として、藤井猛九段の推奨手である▲4五桂から、実際に最後まで指してみました。詳細に関しては、こちらのエントリーをご確認ください。

感想戦その1:応手の最善はなんだったのか

パート1と同じく、まずは応手の最善手から探ってみたいと思います。実戦では第2図後△8八飛成と続きました。例によって将棋ソフト「将皇」の1手分析機能にかけてみましたが・・・

COMが考えた最善手:△8八飛成

でしょうねぇ・・・前回のエントリーでも書きましたが、銀が逃げても▲5三歩で追撃できますし、角の逃げ道もなくなりそうです。下手に逃げるよりは龍作った方が良さそうですよね。

【第3図は▲6四銀打まで】
△8八飛成▲5三桂成△同金左▲6四銀打
http://shogipic.jp/v/Gc7.png

問題の銀・オン・ザ・銀の場面です。実戦ではここで、△6五桂と根元の銀を取りに来たのでした。てっきり、△7七角成と飛角交換を狙ってくると思っていたので、意表を突かれましたが、しかしその後ガジガジ攻めもどきで相手陣を崩壊させることに成功しました。ここでの最善手はなんだったのでしょう?

COMが考えた最善手:△7七角成

やっぱり。△6六歩もけっこうやらしそうな気はしますが、▲5七飛と避けれそうです。△6五桂より先に△7七角成と桂取っといた方が、駒得してますよね。

仮に△7七角成と来ていたとしたら・・・とりあえず▲5三銀成と金をいただいといて、△6七馬と飛車を取りにきたら△5二成銀と金をいただき、△同金と成銀を払いにきたら・・・飛角交換に応じとく感じでしょうか。うーん。桂取られた分、ちょっと後の展開がきつそうですね。

というわけで、次回は実際に△7七角成と強制的にCOM指示機能で指させてみて、その後の四間飛車側の最善手を検証してみたいと思います。

そんなわけで、以下は消化試合っぽくなりますが、一応この後の気になったところの1手分析もやってみたいと思います。

感想戦その2:以下こまごまと気になったところ

【第4図は▲5三銀成まで】
△7五桂▲5三銀成
http://shogipic.jp/v/GeN.png

同銀かな?同金かな・・・?と、思ったシーンですが、

COMが考えた最善手:△同銀

まぁ、普通そうですよね。銀がまっすぐ進むわけでも、金が斜めに進むわけでもなし。実戦でもあったように、その後の△4ニ銀と玉の近くに金駒を寄れますしね。

【第5図は△7七角成まで】
△同銀▲6五桂△4ニ銀▲5三金△7七角成
http://shogipic.jp/v/GcB.png

悩みに悩んで、飛角交換に応じたシーンです。ここの最善手はというと・・・

COMが考えた最善手:▲5ニ金

激しいですねぇ。。。飛車に構わず攻めるようです。素人目にはぱっとみ一枚足らなさそうに見えるんですが、寄せ切れるのでしょうか。手番を渡せば即死しそうです。

【第6図は△7七龍まで】
▲7七飛△5三金▲同桂成△7七龍
http://shogipic.jp/v/GcF.png

飛角交換に応じ、成桂で一旦敵陣を丸裸にさせるか、それとも駒を打って厚みを作るか迷ったシーンです。例えば、二段目のどこかに飛車を打って、銀を「動けない駒」にするとか、ちょっと考えました。でも、

COMが考えた最善手:▲4ニ成桂

ここは丸裸にしといて正解だったみたいですね。こうしてみると、今回はそこそこ最善を尽くしているように見えます。

【第7図は△4ニ同玉まで】
▲4ニ成桂△同玉
http://shogipic.jp/v/GcG.png

晴れて丸裸にした直後です。実戦ではここで▲4五桂と、どちらに逃げても牽制できる形をとってみました。果たしてこれは、最善手だったのでしょうか。

COMが考えた最善手:▲2ニ角

そうですか・・・なんか広い方に逃げ放題に見えるんですが、どうなんだろう??▲3三角から下段に落とすとか??

【第8図は▲4五桂まで】
▲4桂
http://shogipic.jp/v/GeO.png

このシーン、実戦では△3ニ玉と早逃げしましたが、結局は捕まりました。何か逃げる手はあったのでしょうか。

COMが考えた最善手:△4一金

なんか結局▲5三角〜▲3三銀で詰みそうに見えますね。

おわりに

というわけで、勝ったときは▲4五桂で問題なしと思ってしまいましたが、△7七角成という新たな課題が見つかってしまいました。果たして次回、この△7七角成を攻略する手筋は見つかるのでしょうか?

今回も最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

目次に戻る場合は、こちら

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村