Chibaと四間飛車と将棋

詰将棋もあるよ

寄るか?四間飛車vs棒銀・最有力変化編の終盤

スポンサーリンク

果たして四間飛車は、棒銀相手に勝ち切ることが出来るのか?四間飛車vs棒銀シリーズ最終回の今回は、見事敵陣突破を成し遂げた前回の結果図から、実際に勝ち切るまでの一例をご紹介させていただきたいと思います。

負けられない!四間飛車vs棒銀・最有力変化編というエントリーに対するサブエントリーの、第四回目になります。よろしくお願いいたします。

玉を追い詰めるまで

【第1図は前回の結果図まで】
http://shogipic.jp/v/Gi0.png

ここまでの手順については、こちらのエントリーをご確認ください。力でねじ伏せて強引に敵陣突破したため、だいぶ駒損を招いてしまいました。果たしてここから、無事寄せ切ることは出来るのでしょうか?

参考までに、ここからのお相手は、将皇ソフトという将棋ソフトの、Level3に勤めていただきました。

【第2図は▲4ニと金まで】
△2ニ玉▲4ニと金
http://shogipic.jp/v/HOb.png

駒が潤沢にあればと金を捨ててさっさと龍を作りたいところですが、ここでと金を捨てると攻めの起点が無くなりそうです。差し当たって相手からの早い攻めも無さそうですし、ここはじっくり龍を作りに行くことにしてみました。

【第3図は▲4三飛成まで】
△7九馬▲4三飛成
http://shogipic.jp/v/HOd.png

この△7九馬は多分、薄くなった自陣へ守りの利きを通そうというのと、あわよくば、△4六歩を打って飛車の突進を防ごうという狙いではないかと思われます。危ないのでさっさと龍を作ります。

【第4図は△1ニ玉まで】
△3三金▲3ニ金△1ニ玉
http://shogipic.jp/v/HOe.png

将棋ソフトの一手分析機能でも確認してみましたが、一応、この△3三金が最善の受け手みたいです。続いての▲3ニ金△1ニ玉も、最善手でした。

【第5図は▲3ニと金まで】
▲3三金△同桂▲3ニと金
http://shogipic.jp/v/HOf.png

▲3三金△同桂は、この一手だと思います。それに対して▲同龍だとと金が取り残されそうなので、先にと金を寄せときました。

【第6図は△2四馬まで】
△2四馬
http://shogipic.jp/v/HOg.png

案の定、馬を防御に戻してきました。ただ、

玉の逃げ道を塞いだだけのようにも見えますが・・・

それは内緒です。第1図ではどうなることかと思いましたが、だいぶ詰めが見えてきました。

詰め上がるまで

【第7図は▲3三と金まで】
▲2ニ金△1三玉▲3三と金
http://shogipic.jp/v/HOk.png

これで多分「必死」がかかっていると思うのですが、ここで恒例の「アレ」が入ります。

【第8図は△7九角成まで】
△4六角▲3七銀△1七銀▲同香△7九角成
http://shogipic.jp/v/HOl.png

そう、事実上の投了宣言とも取れる、将棋ソフト恒例の最後の投げやりな攻めです。これで詰みました。

【結果図は▲2三龍まで】
▲2三と金△同馬▲同龍
http://shogipic.jp/v/HOm.png

おわりに

いかがだったでしょうか。今回は淀みなく(?)詰みましたが、例えば途中の早い段階で△7九馬と寄られていたら、実は龍成は怪しかったかなーという気もします。それはそれで、飛車角交換〜▲3一角で詰めれそうな気もしないでもないですが。

というわけで、本エントリーの内容はここまでになります。最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

目次に戻る場合は、こちら

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村