Chibaと四間飛車と将棋

詰将棋もあるよ

知っていますか?6四歩に角交換四間飛車が通じない理由

スポンサーリンク

あなたは角交換四間飛車の最大の敵をご存知ですか?そう、△6四歩です。何も角交換を拒否しなくとも、△6四歩と突けば、角交換四間飛車からのすぐの攻めは、成立しません。

本エントリーでは、何故△6四歩と突くと、すぐの攻めは成立しないのか?について、ご紹介させていただきたいと思います。

はじめに

以前のエントリーにて、角交換四間飛車の基本的な狙いは、以下の3つであると、ご紹介させていただきました。

  • 逆棒銀
  • 7筋からの攻め
  • 飛車先保留時の攻め

これに対し、△6四歩型に構えられると、この三つの攻め全てが通用しません。結論から言うと、すぐの攻めは成立しないので、高美濃に組み替えて、持久戦を狙う形になります。

本エントリーでは、△6四歩型に構えられると、何故すぐの攻め、即ち急戦が通じないのかについて、紹介させていただきます。

ちなみに、下二つが通じない理由は、簡単です。何故ならば、△6四歩型とは、

  • 飛車先の歩は突いて、
  • △7四歩は突かない代わりに、
  • △6四歩を突く

構えだからです。よって、飛車先保留時の攻めは成立しませんし、△7四歩を狙う7筋からの攻めも、成立しません。故に、以降は残りの一つ、「何故逆棒銀が通じないのか?」に絞って、ご紹介させていただきたいと思います。

テーマ図

まずは、テーマ図をご紹介させていただきます。

【第1図】
http://shogipic.jp/v/Jdk.png

初手からの指し手は省略させていただいて、角交換後、お互い美濃囲いと船囲いに囲い終わったところを、第1図とさせていただきます。

【第2図】
第1図からの指し手:△6四歩
http://shogipic.jp/v/Jdl.png

ここで早速、△6四歩と突きます

【テーマ図】
第2図からの指し手:▲8八飛△6三銀
http://shogipic.jp/v/Jdm.png

角交換四間飛車の王道、▲8八飛と向かい飛車に回るのに対し、△6三銀と立って、テーマ図です。

テーマ図から逆棒銀に行った場合

冒頭にて述べた通り、テーマ図からは持久戦に方針を切り替え、じっくり駒組みを進めて高美濃・銀冠を目指すのがベターです。以降、この△6四歩・△6三銀型を相手に逆棒銀を強行するとどうなるかについて、ご紹介させていただきたいと思います。

【第3図】
テーマ図からの指し手:▲8六歩△同歩▲同銀
http://shogipic.jp/v/Jdn.png

と言うわけで、逆棒銀を強行します。

【第4図】
第3図からの指し手:△7四銀
http://shogipic.jp/v/9UH.png

これに対して、△7四銀とされると、これ以上の強行は出来ません。例えば、▲7五歩と出れば、一見銀を追い払えそうに見えるかもしれませんが、

【A図】
第4図からの指し手:▲7五歩△同銀
http://shogipic.jp/v/Jdo.png

△同銀が成立します。▲7七銀と引いて飛車交換してくれればまだましそうですが、△8七歩とか打たれるとなかなかに痛そうです。

かと行って、

【第5図】
第4図からの指し手:▲8五歩
http://shogipic.jp/v/Jdp.png

変に8筋の位を取りに行くと、角攻撃が待っています。

角攻撃

【第6図】
第5図からの指し手:△8七歩▲同飛△7八角
http://shogipic.jp/v/Jdq.png

歩で飛車を釣り上げてからの、「角攻撃」です。

【結果図】
第6図からの指し手:▲8八飛△6九角成
http://shogipic.jp/v/Jdr.png

この後、△7九馬から、飛車が詰まされます。

補足

実は、第1図のところ、▲5八金右を省略して▲8八飛に回れば、第4図のところで、ギリギリ△7四銀が間に合いません。つまり、逆棒銀が成立します。

じゃあ、▲6九金型角交換四間飛車でいつでも逆棒銀が間に合うかと言うと・・・そうとも、言えません。相手側も、船囲いより先に、いの一番に△6四歩〜△6三銀をしてから船囲いに行くなどの、手もあります。

というわけで、実際には、△6四歩▲8八飛だと、逆棒銀は間に合わず、▲8八飛△6四歩だと、1手違いで逆棒銀が間に合います

おわりに

いかがだったでしょうか。冒頭でも述べた通り、△6四歩▲8八飛を喫してしまうと、基本的には持久戦に切り替える方がベターになります。ということは、最悪、相手にも穴熊に組まれる可能性が、あります。せっかく角交換が実現し、角攻撃をかいくぐったのに穴熊に組まれるというのも、なかなかに辛い展開かもしれません。

というわけで、本エントリーの内容は終わりになります。最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

参考資料一覧

もっと知りたい方は、こちら!

角交換四間飛車を指しこなす本 (最強将棋21)

角交換四間飛車を指しこなす本 (最強将棋21)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村