Chibaと四間飛車と将棋

詰将棋もあるよ

四間飛車党と試行錯誤の日々

スポンサーリンク

本エントリーは、「四間飛車党と実戦」というカテゴリーの趣旨説明となります。

本サイトも開設して半年くらい経ちますが、書いてみたかったこともだいぶ書き、ネタもだいぶ枯渇してきました。薄々分かっていたことではありますが、やはりネタを「自家発電」出来ないと、いずれネタは枯渇します。

もう少し強くなってからでないと、初級者のひどい実戦を公開しても恥ずかしいばかりで、あまり意味はないのかなと思っていましたが・・・何も書かないよりはましなので、これからはしばし実戦アップを中心にやっていってみようかなと思います。

孫子の兵法なんかでは、「勝ちとは勝った方に勝因があるのではなく、負けた方に敗因があるのだ」なんて、言われています。野球の野村監督なんかも「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」 なんてことを言っています。

最近私もだいぶ分かってきましたが・・・基本的に、初級者の将棋も、これと同じではないかという気がします。私が勝つときは大抵、「そこでこういってくれて助かった・・・」なんて、相手のミスに助けられることが、ほとんどです。

私の大半の実戦はこの程度の棋力のへぼ将棋ではありますが・・・「初級者の頃ってそういうミスやっちゃうよね」くらいの参考にでもなれば、幸いでございます。