Chibaと四間飛車と将棋

詰将棋もあるよ

【相振り四間】将棋ウォーズ初実戦紹介【矢倉穴熊】2018/5/9・その3

スポンサーリンク

将棋ウォーズ実戦初紹介となった本シリーズ、前回はお相手が振り飛車穴熊からまさかの袖飛車という展開でした。角を失いながらもなんとか飛車をさばき、龍を作ることに成功したChiba。果たして、どうやってここから穴熊玉に迫ればいいのか・・・?

はじめに

【第1図は前回の結果図】
http://shogipic.jp/v/LFk.png

冒頭でもご紹介させていただいた通り、前回は上記のように、お互い一通り大駒がさばけた状態になりました。龍・角・と金に迫られていますが、がっちり矢倉に組めたので、横からはしばらく王手がかからなそうです。相振り飛車スタートで、振り飛車穴熊に対して横から迫るというのは、珍しい展開かもしれませんが・・・固さを活かして、なんとか寄せていきたいところです。

金を剥そう

【第2図】
第1図からの指し手:△4六歩▲同歩△7七角成
http://shogipic.jp/v/LHe.png

お相手はまず、角道を通して角成してきました。まだまだ自玉は遠そうなので▲同歩してもまぁいいかなと思ったのですが・・・▲同歩のところ、ほんとは▲8四歩が最善手みたいです。確かに、△同歩▲8三歩とか打てば、もっと早く穴熊崩れそうですね・・・へなちょこな終盤力が悩ましい限りです。

【第3図】
第2図からの指し手:▲6三銀△6五歩▲5一飛成△6四馬▲7ニ香
http://shogipic.jp/v/LHh.png

「金なし将棋に受けはなし」と言いますし、まず金を剥がそうと、金の逃げ道をふさぎに行ってみました。でも最後のところ、よーく見ると香じゃなく歩の方がいいですよね・・・

しかし

ここで渡す香が、最後思わぬところで逆活躍することになるとは、このときは夢にも思っていませんでした・・・このときどころか、

実は今気づきました

【第4図】
第3図からの指し手:△6三馬▲7ニ香成△同銀▲6一龍
http://shogipic.jp/v/LHo.png

あわよくば馬が逃げてくれないかと、あえて銀を取らずに一個寄ってみたんですが・・・

【第5図】
第4図からの指し手:△7ニ銀▲7一龍△8ニ銀▲1ニ龍
http://shogipic.jp/v/LHq.png

ま、こうなりますよね。金を剥がせて持ち駒的になんとなく有利そうですが、穴熊を崩せてるんだか崩せてないんだか、よくわからん状況です。

まさかの強襲

【第6図】
第5図からの指し手:△5九馬▲5五桂△6四馬▲6三銀
http://shogipic.jp/v/LHr.png

ちょっと駒が勿体無い感がありあますが、とりあえず囲いの馬と銀を攻めていきます。

【第7図】
第6図からの指し手:△6三同銀▲同桂成△同馬▲6一金
http://shogipic.jp/v/LHs.png

これで▲7一銀に△同銀と行ってくれれば話は早そうなのですが、そうは問屋が卸してくれませんでした。

【第8図】
第7図からの指し手:△7三馬▲7一銀△2五桂
http://shogipic.jp/v/LHt.png

今にして思えば、ここでさっさと▲8ニ銀成しとけば良かったような気がします。正直、まだ矢倉が万全なので、このときは油断していました。

【第9図】
第8図からの指し手:▲1ニ龍△3七桂成▲同桂△同馬▲同金
http://shogipic.jp/v/LHv.png

ここでもまだ、油断しています。

【第10図】
第9図からの指し手:△7一銀▲同金△3七馬▲同玉
http://shogipic.jp/v/LHy.png

ここでようやくちょっとヤベェと思いだしました。経験上、お相手にあんだけ桂と金駒があれば、大体詰まされます・・・と、思っていたのですが、私はさらに一つ重大な見落としをしていました。玉周辺ばかりに気を取られ、

7一の金が浮き駒になっている

ことに、気づいていなかったのです。「広く盤面全体を見よ」とは、このことですね。

結果として「詰んだ」

なんとか穴熊は崩壊しましたが、こちらも矢倉崩壊。手番はお相手。油断から△2五桂を放置したら、まさかの絶体絶命のピンチです。矢倉にとって△2五桂は目の上のタンコブ、やはり手抜きは厳しい結果に・・・

【第11図】
第10図からの指し手:△2五桂▲2六玉△1五金▲3五玉
http://shogipic.jp/v/LHz.png

案の定、桂を使って玉を追い立てに来ましたが、ここでお相手が金を手放したため、また少し油断してしまいました。いつでも取れる金が転がっていることに、この時点ではまだ、気づいてはいないのです。

【第12図】
第11図からの指し手:△2四銀▲3四玉
http://shogipic.jp/v/LI0.png

龍に近い方がいいかな、なんて、危険な場所に行ってしまいました。このとき、残り2分。

【第13図】
第12図から指し手:△7一龍
http://shogipic.jp/v/LI1.png

ここで金取られて\(^o^)/オワタ・・・と、思ったのですが、一応投了せずに手を打ってみます。

【第14図】
第13図からの指し手:▲6四桂
http://shogipic.jp/v/LI2.png

一応、△3三金されても、▲同龍出来るので、詰みではありません。逃げ切れるかは別として・・・▲6四桂〜▲7ニ金で、龍が逃げてくれればあわよくば詰むかな・・・なんて。残り2分切ってますし、お相手の方が判断ミスしないとも、限りません。

【第15図】
第14図からの指し手:△2一香
http://shogipic.jp/v/LI3.png

ここであのときの香です

無駄に渡してしまったあのときの香が、ここで来ました。一瞬、龍を逃したら負けか、3ニや4ニならまだなんとかなるかと思いましたが・・・

珍しく、思いつきました

【第16図】
第15図からの指し手:▲8ニ金
http://shogipic.jp/v/LI4.png

よーく見ると、▲8ニ金からの即詰みです。

【第17図】
第16図からの指し手:△8ニ同龍▲同龍△同玉
http://shogipic.jp/v/LI5.png

同龍同玉するしかありませんが・・・

【第18図】
第17図からの指し手:▲7ニ飛
http://shogipic.jp/v/LI6.png

ここで、何手か前に打った桂馬が、生きます。

【結果図】
第18図からの指し手:△9一玉▲8ニ銀
http://shogipic.jp/v/LI7.png

なんとか詰みました。

おわりに

いかがだったでしょうか。なかなかにこう、ファンタジスタな終盤力を晒してしまうハメになってしまいましたが・・・「千駄ヶ谷の受け師」こと木村一基九段曰く、「プロと言えども人間、絶対ミスしないわけではない。相手が誰であっても、(ミスなく即詰みさせるなんて)信用しない」なんて趣旨の発言をされています。人間、諦めが肝心か?諦めずにに最後まで頑張るのが肝心か?なかなかに難しいところではありますが・・・将棋ウォーズの場合、持ち時間が短いため、諦めずに最後まで指していれば・・・お相手も残り時間に焦り、このように何かが起こることも、ときにはあります。

というわけで、本エントリーの内容は、ここまでになります。次回は最終回として、前回同様、全手の棋譜再生をアップしたいと思います。最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。