Chibaと四間飛車と将棋

詰将棋もあるよ

実戦詰んだ将棋・第三詰

スポンサーリンク

本エントリーでは、アマチュア将棋ならではの、特に即詰み・必死でもないけど結果として詰んでしまった終盤を中心に、次の一手形式で私の実戦をアップしてみたいと思います。

実戦詰んだ将棋というエントリーに対するサブエントリーの、第三回目になります。

気づいたら・・・?

将棋ウォーズのプロフィールで得意戦法が四間飛車・美濃囲いとなっていたChibaが通ります*1。四間飛車サイトを運営する手前、当然の矜持ではありますが・・・

いた・・・?と、思った方は、するどい。現在はなんと、高美濃囲い・相振り飛車が得意戦法とプロフィールに表示されています。

相振り飛車・・・?

こんなカテゴリーもやっている手前、光栄な話ではありますが、どちらかというと

相振り飛車苦手なんですけど・・・

苦手だから特設コーナーまで作って試行錯誤していたのです。しかし最近、なんとなく自分なりの相振りスタイルの片鱗が見えてきたのが、功を奏しているのかもしれません。もう少し見えてきたら、また自分なりに最近思う相振りについて、ご紹介させていただきたいと思います。

問題図

さて、本編とは全く関係なくぶっ込んだ近況小話はこれくらいにして、今回の問題図をご紹介させていただきたいと思います。今回は、こちら!

【第1図は問題図】
http://shogipic.jp/v/Lin.png

よーく見ると実はこの局面、即詰みがあります。しかし私はそれを見逃し、守りの一手を打ってしまいました。対して、お相手は次の一手で詰めろを掛けてくるのですが・・・その詰めろを読み誤り、私は放置して必死を掛けにいきます。掛けた瞬間、死んだかと思いましたが・・・お相手も読み誤ったのか安全を期したのか、必死(多分)を受けに行きます。

ですが、必死なので受け切れるはずもなく・・・結果として、詰みました。そんな、ミスりミスられの次の一手とは?

解答

解答は、見えてしまわないように、別ページで作成しました。

一覧に戻る場合は、こちら

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

*1:ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、将棋ウォーズのプロフィール欄は、自己申告ではなく、自動判定で得意戦法が設定されます。