Chibaと四間飛車と将棋

詰将棋もあるよ

【実戦紹介】四間飛車vs引き角棒銀【ついに登場】2018/6/19

スポンサーリンク

久々のアップとなる、アマチュアにありがちなミスりミスられにスポットライトを当てる新感覚実戦紹介(?)を目指した当コーナー。今回は四間飛車vs引角棒銀の実戦をアップしていきたいと思います。

はじめに

こんなページを書いたときは、引き角と言えば圧倒的に引き角単体で攻めてくる人が多いと思っていたのですが、こちらのページを書いて意識し始めて依頼、ちょいちょい引き角+棒銀で攻めてくる人もいるような気になってきた今日この頃。おあつらえ向きにそれらしい実戦があったので、今回はそれを扱っていきたいと思います。

個人的なポイント図は、こちら。
【A図】
http://shogipic.jp/v/MOs.png

私が学んだところによると、この△3一角+△7四歩が、引き角と棒銀を組み合わせた攻めを行ってくるサイン。引き角単体のときとは異なり、しかるべきタイミングで▲8八飛と回って、受ける必要があります。

果たして、そのタイミングとは?

対局情報

続いて、いつもの対局方法です。

対戦場所 将棋ウォーズ
お相手の方の棋力 2級
先手 お相手の方
後手 Chiba
表記 先後逆

今回もお相手の方は2級。先日2級に昇格したChibaではありますが、対局当時は3級なので、この時点では若干お相手の方が格上です。

棋譜再生

今回から少しフォーマットを変えて、シリーズ第1回目のエントリーをまとめページとして使って以下をアップし、

  • 個人的なポイント
  • 対局情報
  • 対局全体の棋譜再生の埋め込み

以降、サブエントリーとして、序盤・中盤・終盤の3回くらいに分けて、一人感想戦的に局面図を切り取ってアップしていってみたいと思います。手っ取り早く結論を知りたい方は、本エントリーのみをご覧いただけたらと思います。

以降のエントリーでは、四間飛車党の方に分かりやすいように、先後逆表記(四間飛車側を先手表記)でアップしていく予定ですが、棋譜再生は諸般の都合で先後通常表記(四間飛車側を後手表記)、スマホ非対応となります。すみません。

将棋盤あ

 0

シリーズ一覧

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村