Chibaと四間飛車と将棋

詰将棋もあるよ

船囲い崩しコレクション・第一崩解答

スポンサーリンク

本ページは、次の一手形式による船囲い崩しコレクション第一崩の、解答ページになります。もし問題図をご覧にならずに直接このページに来てしまった場合は、こちらのページからご覧ください。それでは、準備はよろしいですか?

解答

ずばり解答は、こちら!
【第1図は解答図】
http://shogipic.jp/v/HQX.png

△4ニ金型船囲いの場合は、この▲3三香が急所になります。順を追って、この後の変化をご紹介させていただきます。

変化その1

【第2図は▲3一龍まで】
△同玉▲3一龍
http://shogipic.jp/v/HQY.png

△同玉してしまった場合は、▲3一龍で一気に寄ります。「一間龍」というやつですね。この後何をどうしても、2ニに角なり銀なりを打てば、詰みます。

変化その2

【第3図は▲4ニ角成まで】
△同桂▲2一銀△2ニ玉▲3一角△2一玉▲4ニ角成
http://shogipic.jp/v/HQb.png

△同玉ほどではないものの、△同桂も船囲いにとっては厳しい展開になります。龍と馬に追い回されては、この後どう逃げても厳しそうですね。

変化その3

【第4図は▲4一銀まで】
△同金▲4一銀
http://shogipic.jp/v/HQa.png

△同金の場合は、▲4一銀が急所です。この後は大体、▲5ニ銀成と金をいただいておく展開になります。船囲い側にとっては、これがまだ一番ましな展開ではないかと思います。

おわりに

いかがだったでしょうか。「玉の周りに駒を捨てて、龍を一気に放り込む」。この観点で見ると、意外に船囲い崩しも見えてくるかも、しれません。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございまいた。


コレクション一覧に戻る場合は、こちら

スポンサーリンク