Chibaと四間飛車と将棋

詰将棋もあるよ

船囲い崩しコレクション・第三崩解答

スポンサーリンク

本ページは、次の一手形式による船囲い崩しコレクション第三崩の、解答ページになります。もし問題図をご覧にならずに直接このページに来てしまった場合は、こちらのページからご覧ください。それでは、準備はよろしいですか?

解答

ずばり解答は、こちら!
【第1図は解答図】
▲2四桂
http://shogipic.jp/v/He5.png

いわゆる「歩頭の桂」です。今回の配置・持ち駒の場合、前回と異なり、いきなりの▲2ニ角は通用しません。以下、順に見ていきたいと思います。

解説

失敗例

【A図は△3三角まで】
▲2ニ角△3三角
http://shogipic.jp/v/He6.png

相手の持ち駒に角があるため、問題図から▲2ニ角には、△3三角と合わされてしまいます。角交換の後△3三銀引きとなり、逆に相手の陣形が強化されてしまいました。

【B図は△3三同銀引きまで】
▲3三角成△同銀引き
http://shogipic.jp/v/He7.png

正解例

【第2図は▲2三角まで】
△2四歩▲2三角
http://shogipic.jp/v/He8.png

解答図(第1図)の▲2四桂に対し、3一以外の箇所に玉が逃げれば▲4一龍が決まりますし、3一に逃げれば今度こそ▲2ニ角が決まります。という訳で△2四同歩の一手ですが、今度は「▲2三角」が送りの手筋として決まります。

おわりに

いかがだったでしょうか。いわゆる「4一金型船囲い」はこのように、4一の金に紐をつけているのが玉だけであり、ここが急所になることが多いのではないかと思います。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございまいた。

コレクション一覧に戻る場合は、こちら

スポンサーリンク