Chibaと四間飛車と将棋

詰将棋もあるよ

船囲い崩しコレクション・第四崩解答

スポンサーリンク

本ページは、次の一手形式による船囲い崩しコレクション第四崩の、解答ページになります。もし問題図をご覧にならずに直接このページに来てしまった場合は、こちらのページからご覧ください。それでは、準備はよろしいですか?

解答

ずばり解答は、こちら!
【第1図は解答図】
▲8二飛
http://shogipic.jp/v/HnY.png

正解は▲8二飛

になります。一段飛車も有力ではありますが、△3一銀型船囲いの場合は、玉を間接的に睨む二段飛車が、急所になります。藤井システムもそうですが、藤井理論ではよくこういう、

大駒で間接的に玉を捉えて、動けない間の駒を小駒で攻める

テクニックが出てきます。では、以降の展開を順に見ていきたいと思います。

解説

【第2図は▲5三銀まで】
△7六角▲5三銀
http://shogipic.jp/v/HnZ.png

と言うわけで、大駒と玉に挟まれて動けない△5二金を狙います。参考までに、

△6九飛・△7六角は美濃囲いの急所

で、本来なら同時に打たせるととってもまずい手です。しかし、この図の場合は端歩を突いているので、ギリ受かります。多分。

【第3図は▲7五角まで】
△4二金寄▲7五角
http://shogipic.jp/v/Hna.png

第2図から居飛車側が「受けるとすると」△4二金寄くらいですが、▲7五角が第二の急所になります。

【第4図は△4二同銀まで】
△5八角成▲4二銀△同銀
http://shogipic.jp/v/Hnb.png

次に、▲4二銀成△同銀を狙います。

【第5図は▲2二金まで】
▲4二同角△同金▲2二金
http://shogipic.jp/v/Hnc.png

次いで角を突入させ、最後に「送りの手筋」の▲2二金で締めます。

【結果図は▲4二飛成まで】
△2二同玉▲4二飛成
http://shogipic.jp/v/Hnd.png

船囲い完全崩壊の上に「一間龍」で勝利は目前です。

おわりに

いかがだったでしょうか。実戦では△4二銀や△7四歩が突かれていないことはあまりないかもしれませんが、「こういう意味があった」んだなぁと思うと、とても勉強になると思いませんか?

最後まで読んでいただいて、ありがとうございまいた。

コレクション一覧に戻る場合は、こちら

参考書籍一覧

もっと勉強したい方は、こちら!

四間飛車上達法 (最強将棋レクチャーブックス)

四間飛車上達法 (最強将棋レクチャーブックス)

スポンサーリンク