Chibaと四間飛車と将棋

詰将棋もあるよ

船囲い崩しコレクション・第六崩解答

スポンサーリンク

本ページは、次の一手形式による船囲い崩しコレクション第六崩の、解答ページになります。もし問題図をご覧にならずに直接このページに来てしまった場合は、こちらのページからご覧ください。それでは、準備はよろしいですか?

解答

ずばり解答は、こちら!
【第1図は解答図】
http://shogipic.jp/v/IwJ.png

▲9一龍

です。飛車を手持ちにされている場合は、第三回目のときと同じ攻めは通じず、一気の攻めはありません。とりあえず▲9一龍と駒得しとき、相手が飛車か角を手放すのを待ちます。

飛車を手放せば第三回目のときと同じ攻めが、角を手放せば第二回目のときと同じ攻めが、それぞれ通じます。

以降、飛車を手持ちされている状態で、第三回目のときと同じ攻め強行すればどうなるか、参考までにご紹介させていただきたいと思います。

解説

【第2図】
問題図からの指し手:▲2四桂
http://shogipic.jp/v/IwK.png

問題図から、▲2四桂を強行したとします。

【第3図】
第2図からの指し手:△2四同歩▲2三角
http://shogipic.jp/v/IwL.png

△同歩に対し、「送りの手筋」▲2三角を使ったとします。

【第4図】
第3図からの指し手:△2三同玉▲4一龍
http://shogipic.jp/v/IwM.png

一見、攻めが決まったように見えますが・・・

【第5図】
第4図からの指し手:△5一飛
http://shogipic.jp/v/IwN.png

△5一飛とあわされると、ちょっと困ったことになります。▲同龍△同金となって、寄せきれません。

頓死に注意!

問題図から▲9一龍と行けるのは、△7三銀と△6四歩が斜めのラインの「邪魔駒」になっているからです。もしこのラインがクリアな状態でうっかり▲9一龍なんて行った日には・・・

【A図は斜めのラインがクリアな状態で▲9一龍に行った場合】
http://shogipic.jp/v/IwO.png

こうなります。

【B図】
A図からの指し手:△6四角
http://shogipic.jp/v/IwP.png

角で龍を狙われると、大変なことになります。

【C図】
B図からの指し手:▲8九龍△3六桂
http://shogipic.jp/v/IwQ.png

龍が逃げようものなら、頓死まっしぐらです。お相手の持ち駒によっては即死は免れるかもしれませんが、大ピンチは確実です。

▲9一龍に行くときは、頓死の筋に気をつけましょう!

おわりに

いかがだったでしょうか。個人的には以下のような印象があったりするのですが、皆様はいかがですか?

  • 美濃囲いは船囲いより固いと言われているわりに、
    • 油断するとあっさり即死する面があるような気がする。
  • 船囲いは美濃囲いより固くないと言われているわりに、
    • 意外と即死条件が厳しく、
    • 囲いにかかる手数も少なくて、
    • 意外といい囲いな気がする。

本エントリーの内容は以上になります。最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

コレクション一覧に戻る場合は、こちら

スポンサーリンク