Chibaと四間飛車と将棋

詰将棋もあるよ

四間飛車党と相振り矢倉への挑戦・第一倉解答

スポンサーリンク

本ページは、「四間飛車党と相振り矢倉への挑戦・第一倉」の、解答ページになります。もし問題図をご覧にならずに直接このページに来てしまった場合は、こちらのページからご覧ください。それでは、準備はよろしいですか?

目次

【第1図は解答図】
http://shogipic.jp/v/Knt.png

▲4六銀

になります。まずは定跡通り、「桂頭の銀」ですね。これに対して例えば、△3七歩と追撃してくれば・・・

【第2図】
第1図からの指し手:△3七歩▲同桂△同桂▲同金直
http://shogipic.jp/v/Knu.png

最後、金直とあがっとくのが、ポイントみたいです。再度△2五桂〜△3七歩と打たれるとちょっと面倒そうな気もしますが・・・そのときは、▲2八金と避けといてから、▲2六桂と桂取りに動くのが、最善手みたいです。

【第3図】
第2図からの指し手:△2五桂▲3八金△3七歩▲2八金△3一飛▲2六歩
http://shogipic.jp/v/Knx.png

最後△3一飛と引いているのはおそらく、▲1一角成への牽制でしょうか。

おわりに

いかがだったでしょうか。確かに受かっているといえば受かっていますが、かなり踏み込まれていますし、先手側の左辺は手付かずです。藤井先生は矢倉のことを「戦う囲い」と表現していましたが、なんとなくこのまま右辺から盛り上がっていきたくなるような?局面です。

というわけで、本エントリーの内容はここまでになります。最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

一覧に戻る場合は、こちら

参考書籍一覧

相振り飛車を指しこなす本〈1〉 (最強将棋21)

相振り飛車を指しこなす本〈1〉 (最強将棋21)

スポンサーリンク